青森県東北町の県道で6月、乗用車と軽乗用車が衝突し3歳児と母親が死亡、2人が負傷した事故で、県警は23日、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで乗用車を運転していた同県六戸町犬落瀬下久保の会社員、岡和慶容疑者(27)を逮捕した。認否は明らかにしていない。
逮捕容疑は6月2日午後5時半ごろ、東北町滝沢平の県道で、対向車線にはみ出し、同町の介護福祉士、赤羽萌さん(28)の軽乗用車と正面衝突、赤羽さんと後部座席に乗っていた長女の茉莉花ちゃん(3)を死亡させたほか、自身の車に同乗していた2人にもけがをさせた疑い。
県警によると、現場は緩やかなカーブ。事故の経緯を調べている。
https://www.sankei.com/article/20210823-VC2EY6DUPZO77KZKQOBUNEHZI4/