北九州市の特定危険指定暴力団工藤会の総裁、野村悟被告(74)に死刑判決が言い渡されたことを受け、警察庁の松本光弘長官は26日の定例記者会見で「一つの節目。工藤会は市民生活に大きな脅威を与えてきた存在で、壊滅に向け対策をさらに進めたい」と述べた。
松本長官は、福岡県警が進めてきた工藤会対策を踏まえ「多くの組員が離脱し、勢力は大きく減少した」と指摘。「全国的にも暴力団の弱体化に向けて幹部に対する集中的な取り締まりをし、市民の安全と平穏確保に努めたい」と述べた。
24日の福岡地裁判決は、一般市民襲撃4事件で殺人と組織犯罪処罰法違反などの罪に問われた野村被告に死刑判決を言い渡し、首謀者と認定。ナンバー2の会長、田上不美夫被告(65)は無期懲役とした。
https://www.sankei.com/article/20210826-T5LTMVKYKVNPNB4D4XMPY7GHQE/