福島刑務所は6日、福島市内のゴルフ練習場で3月、売り物のパターとヘッドカバー(計1万7千円相当)を万引したとして、福島刑務支所(同市)の男性看守長(63)を停職1カ月の懲戒処分にした。看守長は同日辞職した。
同刑務所によると、看守長は6月に「警察から家宅捜索を受ける」と職場に報告。刑務所の調査に対し「軽い気持ちでやった」と万引を認めた。捜査は続いており、刑事処分は出ていない。
高山正訓所長は「関係者の皆さまに深くおわびする。職員の指導を徹底する」とのコメントを発表した。
https://www.sankei.com/article/20210806-YGUMOXSAWVPP7IKAGZXSV245ZA/