カテゴリー

« 患者「苦しい」…防護服の看護師奔走 コロナ病床倍増「災害だ」 緊迫の大学病院(8日)共同 | トップページ | 手荷物検査、実効性に疑問 省令改正で先月から可能に―小田急線刺傷(8日)時事 »

2021年8月 8日 (日)

「密」回避で山岳遭難多発 「経験者と複数人で」県警が注意喚起―長野t(8日)時事

東京五輪の影響で、今年は8日が「山の日」となった。本格的な夏山シーズンを迎え、全国有数の山岳県である長野県では山岳遭難が多発している。新型コロナウイルスの感染拡大で、「密」を避けるレジャーとして登山の人気が高まっているのを背景に、特に単独登山者の遭難が相次ぎ、県警山岳安全対策課は、経験豊富な人と一緒に複数で山に入ることなどを呼び掛けている。
 同課によると、長野県の7月の山岳遭難者数は48人(遭難件数47件)で、昨年の7人から大幅に増加し、コロナ流行前だった2019年の36人も上回った。このうち単独登山者は19人と4割に上り、遭難件数に占める単独登山者の割合は過去5年の平均(27.7%)より1割以上高い。
 7月の遭難者48人のうち7人が滑落などで死亡し、6人は単独登山者だった。48人を年齢別に見ると、50代が最多の14人で、40代と60代、70代が各9人。30代以下は7人だった。7月下旬の4連休中には29人が遭難し、4人が死亡した。
 同課は遭難者が増えた要因として、「アウトドアブームで経験不足の登山者が増えている可能性がある」と分析。高齢者らのワクチン接種が進み、山に入る人が増えたほか、外出自粛による運動不足が遭難につながっているとみている。
 その上で、登山経験の少ない人は山岳ガイドらと共に複数で登山を行う▽自らの体力や技術、登山経験を踏まえて山選びをする▽時間、天候などを考慮したゆとりのある登山計画を立てる―ことなどを注意喚起している。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021080700421&g=soc

« 患者「苦しい」…防護服の看護師奔走 コロナ病床倍増「災害だ」 緊迫の大学病院(8日)共同 | トップページ | 手荷物検査、実効性に疑問 省令改正で先月から可能に―小田急線刺傷(8日)時事 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 患者「苦しい」…防護服の看護師奔走 コロナ病床倍増「災害だ」 緊迫の大学病院(8日)共同 | トップページ | 手荷物検査、実効性に疑問 省令改正で先月から可能に―小田急線刺傷(8日)時事 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ