カテゴリー

« 追悼の花火企画、募金の輪広がる バス5歳児死亡で有志(29日)朝日 | トップページ | 真・治安論 第1部③ 宙に浮く相模原事件の教訓 入り口で葬られた報告書(29日)産経 »

2021年8月29日 (日)

渋谷の若者向け接種、抽選待ちに不満続出 密集懸念も(29日)日経

東京都が28日、抽選方式に変更したJR渋谷駅近くの予約不要な新型コロナウイルスの若者向けワクチン接種会場では、外れた人たちから「未接種で感染リスクが高い人たちの密集をつくっている。インターネットでの抽選にするべきだ」などと運用方法の見直しを求める声が相次いだ。都は29日以降も同様のやり方で進めるとしている。
先着順だった初日の27日に希望者が殺到したため方式を変更したが、28日も30度を超す厳しい暑さの中で300人の接種枠を求める長蛇の列ができて混乱。2226人に抽選券が配られ、断念して帰る人もいた中で354人が当選した。6倍以上の倍率となった。
中央区の会社員(36)は抽選に漏れ「大勢いたので、やっぱり駄目だったかという気持ち。これなら自治体接種の予約枠を増やした方がいい」と指摘した。
午前9時からの受け付けを前に、念のため午前6時ごろに会場へ到着して接種できなかった豊島区の飲食店アルバイト(33)は「予約制の方が人混みが避けられて良い」とした上で「抽選だとみんな結果まで待たないといけないので、先着順も選択肢の一つだと思う」とした。
「先着順なら来なかった」と話すのは豊島区の会社員(27)。無事に当選したが「知らない人たちと並ぶのは不安だった。ネット予約が一番良いのではないか」と振り返った。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE2838S0Y1A820C2000000/

« 追悼の花火企画、募金の輪広がる バス5歳児死亡で有志(29日)朝日 | トップページ | 真・治安論 第1部③ 宙に浮く相模原事件の教訓 入り口で葬られた報告書(29日)産経 »

新型コロナウイルス禍関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 追悼の花火企画、募金の輪広がる バス5歳児死亡で有志(29日)朝日 | トップページ | 真・治安論 第1部③ 宙に浮く相模原事件の教訓 入り口で葬られた報告書(29日)産経 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

留置所

無料ブログはココログ