神奈川県警栄署は5日、横浜市栄区に住む1人暮らしの80代の無職女性が特殊詐欺の被害に遭い、現金200万円をだまし取られと発表した。
同署によると、4日午前9時ごろ、女性方に孫の名をかたる男らから「財布と携帯電話を落とした」「カードを止めてしまい、現金が引き出せない。200万円なんとか助けてほしい」などと噓の電話があった。その後、女性は同市磯子区のJR洋光台駅近くに呼び出され、孫の友人を装った男に現金200万円を手渡して詐取されたという。
女性は同日夕、本物の孫に確認したところ、詐欺被害に遭ったことを指摘され、自ら110番通報した。同署は防犯カメラの画像を解析するなどして、犯行に関わった人物の特定を進めている。
https://www.sankei.com/article/20210805-IJKM2VSVQJLZ3ICOGZ34N4BXMI/