警視庁小金井署は18日、自営業の男性(41)を包丁で刺したとして、殺人未遂の疑いで、住所、職業不詳、片岡修身容疑者(76)を現行犯逮捕した。小金井署によると、2人は親族とみられる。男性の命に別条はない。
逮捕容疑は18日午後7時半ごろ、東京都国分寺市日吉町の住宅敷地内で、男性に催涙スプレーを噴射した上、包丁で右腹部を刺して殺害しようとしたとしている。
小金井署によると、現場は男性の実家とみられ、片岡容疑者は男性が屋外で作業をしていたところを襲ったという。
https://www.sankei.com/article/20210819-LVICBDWMQBPBBAHTEJIG2KO5Q4/