市民襲撃4事件で24日に死刑を言い渡した福岡地裁判決を不服とし、特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)トップで総裁の野村悟被告(74)が26日までに福岡高裁に控訴した。
4事件は平成10年の元漁協組合長射殺、24年の元福岡県警警部銃撃、25年の看護師襲撃、26年の歯科医襲撃。野村被告は殺人と組織犯罪処罰法違反(組織的な殺人未遂)などの罪に問われていた。
直接証拠はなく、公判で弁護側は全面的に無罪を主張したが、判決は4事件全てで間接証拠から関与を認定できると判断。極刑を宣告された直後の法廷で野村被告は、「公正な判断をお願いしたんだけど」「あんた、生涯後悔するぞ」と裁判長に怒声を浴びせた。
無期懲役が言い渡されたナンバー2の会長、田上不美夫(たのうえ・ふみお)被告(65)側とともに、控訴する方針を示していた。
https://www.sankei.com/article/20210826-YKDFI4YQ6NLNXHOBUU36RT7M4I/