千葉県在住の中学生の少女(14)を自宅に連れ込んだとして、野田署は6日、未成年者誘拐容疑で自称札幌市南区、警備員、棒谷文男容疑者(36)を現行犯逮捕した。署によると、2人は会員制交流サイト(SNS)を通じて知り合ったとみられる。
逮捕容疑は、千葉県内で1日、インターネットで交流していた少女を誘惑し、6日まで札幌市の自宅などへ連れ出した疑い。
少女は1日以降、自宅に帰っておらず、母親が5日夜、署に相談した。少女から母親に「北海道にいる」との連絡があり、現地へ向かった署員が新千歳空港内で少女と一緒にいた容疑者を確保した。署は容疑者と少女の足取りを調べている。
https://www.sankei.com/article/20210807-P4EE36WKINLLBJUJHNDVNWE5RA/