夏休み明け前後は1年で最も子供の自殺が増える時期だ。20年に渡り、不登校経験者ら400人以上を取材してきた、「不登校新聞」の石井志昂(しこう)編集長は今月、『「学校に行きたくない」と子どもが言ったとき親ができること』(ポプラ新書)を出版した。子供のSOSに気づき、命を守るために親はどうしたらいいのだろうか。
親が変わると子供が楽に
不登校の当事者へのメッセージは多いが、本書は親に向けた本だ。「親の価値観が変わることで子供が楽になる例がすごく多い」と出版の意図を説明する。
石井さん自身も不登校の経験者だ。中学2年から学校に行けなくなり、フリースクールに通うように。19歳の時から、不登校や引きこもりの専門紙「不登校新聞」のスタッフとなり、当事者らへの取材を続けてきた。親子双方から話を聞くことで、「子供側がつらかったこと」「親がよくしてしまう失敗」などが見えてきたという。
「子供は学校に行けないことで苦しんでいます。親が、『子供は学校に行くもの』ではなく、『育ち方は人それぞれ』という価値観に変わることで、家庭が安心して休める場所になるんです」と話す。
「ゲームを取り上げた方がいいか」「昼夜逆転の生活はどうしたらいい?」「家庭にいて社会性は身につくのか」など、生活上の注意から言葉のかけ方まで親が気になる点を、取材に基づいて提案。親にとってお守りとなる1冊になっている。
大切なSOSの傾聴
コロナ禍となった昨年、小中高生の自殺者数が499人と過去最多になった。昨年8月の自殺者数は65人で前年同月の約2倍に。今年の1~6月の自殺者数の合計は昨年を上回った。
続きを見る
https://www.sankei.com/article/20210815-5UX6MQKS35IUBL6E7W6TPBZQBY/