暗号資産(仮想通貨)の口座を他人に譲渡する目的で不正に開設したとして、京都府警は27日、詐欺容疑で、京都市伏見区醍醐高畑町の契約社員、長井孝洋容疑者(28)を逮捕した。容疑を認めているという。
府警によると、暗号資産口座の不正開設を詐欺容疑で摘発するのは全国的にも珍しい。
逮捕容疑は昨年10月17日、他人に譲渡する目的を隠して東京都の暗号資産交換業者に自分名義の口座の開設を申し込み、24日にログインIDとパスワードをだまし取ったとしている。
府警によると、長井容疑者はツイッターで知り合った相手にIDとパスワードを教えて口座を売却。他府県警が捜査している別の不正送金事件で送金先として使われていたことから、容疑が浮上した。
府警は、暗号資産の口座が特殊詐欺による犯罪収益のマネーロンダリング(資金洗浄)などの犯罪のツールとして悪用される可能性があるとし、取り締まりの強化を図っている。
https://www.sankei.com/article/20210727-B6I4ROJVRNNAXFWQDTSZTBK7FI/