カテゴリー

« 愛媛・山口・大分で震度4、津波の心配なし(17日)TBS | トップページ | 法務局職員、少年盗撮疑いで逮捕 茨城県警(17日)産経 »

2021年7月17日 (土)

病院敷地に不発弾見つかり厳戒 窓に板、モノレール運休へ(17日)朝日

那覇市の市立病院の敷地内で不発弾が見つかり、18日朝に発見現場で処理作業が行われる。病院では18日午前0時から、救急搬送を一時停止し、付近を通る沖縄都市モノレールも作業時間に合わせて一時全線運休となる。
 那覇市によると、見つかった不発弾は76年前の太平洋戦争中のものとみられる米国製5インチの艦砲弾1発。6月に病棟近くの駐車場建設工事現場で作業員が発見した。信管付きで爆発の可能性があるため、陸上自衛隊が現場で処理をする。
 避難対象区域は現場から半径88メートルで、入院患者ら約110人を含めた約210人が対象となっている。患者は病院の待合室などに待機するが、移動が困難な場合は病室の窓にベニヤ板をはって対処するという。
 16日午前、病棟では処理に備えて作業員らが窓にベニヤ板を取り付けていた。外来で病院を訪れた男性(72)は「子どものころはよく畑で不発弾を見つけた。今も工事現場で見つかったというニュースはよくあるし驚きはしない。県外ではこんな風景はあまりないでしょうね」と話していた。
 沖縄県史によると、太平洋戦争中、米軍が日本本土に投下した爆弾は計約16万トン、対して沖縄戦では約20万トンが使われた。今でも不発弾は沖縄で日常的に発見されており、県のまとめでは2020年度は14・4トンが処理されたが、なお約1900トンが残ると推計されている。
 来月15日には、沖縄本島中部の西原町で不発弾処理のため、沖縄自動車道の西原インターチェンジ(IC)―那覇ICの上下線などが一時通行止めになる。(国吉美香)
https://www.asahi.com/articles/ASP7K61K1P7KTPOB002.html

« 愛媛・山口・大分で震度4、津波の心配なし(17日)TBS | トップページ | 法務局職員、少年盗撮疑いで逮捕 茨城県警(17日)産経 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛媛・山口・大分で震度4、津波の心配なし(17日)TBS | トップページ | 法務局職員、少年盗撮疑いで逮捕 茨城県警(17日)産経 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ