賃貸不動産仲介大手のエイブル(東京)が管理する大阪市の賃貸マンションで架空の修繕費を請求されるなどして損害を受けたとして、マンションの所有会社ファインマネジメント(大阪)がエイブルに約2億8千万円の損害賠償を求め、大阪地裁に提訴したことが6日、分かった。
 同日、大阪地裁(田口治美裁判官)で第1回口頭弁論が開かれた。エイブル側は出廷しなかったが答弁書で、修繕費の請求は派遣社員が担当し関与していないと反論、ファイン社側にも修繕状況を確認しなかった過失があると主張した。
 閉廷後、ファイン社側の担当者は「なぜこのような事態になったかを明確にしてほしい」と訴えた。
https://nordot.app/784972766369284096?c=39546741839462401