長野県警茅野署は13日、群馬県高崎市八幡町の会社員、藤井陽太さん(34)が八ケ岳連峰の赤岳(2899メートル)の登山道から滑落し、死亡が確認されたと発表した。
署によると、藤井さんは10日、日帰りの予定で入山。当日会う予定だった知人が、藤井さんが現れずに電話もつながらなかったため通報した。11日に山頂の約200メートル下の斜面で心肺停止の状態で発見された。
https://www.sankei.com/article/20210713-LZ5KY2XMERNIHA4ORN5OXBL7IU/