5月に大阪市中央区の路上で男性にスプレーを噴射し、ハンドバッグを奪ったとして、大阪府警捜査1課と東署は27日、強盗容疑で、いずれも住所不定の無職、松井竜輝(23)と劉翼空(りゅう・よくくう)(20)=韓国籍=の両容疑者を逮捕した。松井容疑者は黙秘し、劉容疑者は「間違いない」と容疑を認めている。
劉容疑者は6月18日に覚醒剤取締法違反(共同所持)の疑いで現行犯逮捕されたが、その後新型コロナウイルスの感染が判明し、大阪市内のホテルで療養中に脱走。同30日に身柄を確保されていた。
2人の逮捕容疑は5月29日午前3時ごろ、大阪市中央区北久宝寺町の路上で、帰宅途中の男性(36)に催涙スプレーを噴射して、現金約18万円など21点が入ったハンドバッグ(総額約68万円相当)を奪ったとしている。
同課によると、両容疑者は知人同士。周辺の防犯カメラから浮上したという。
https://www.sankei.com/article/20210727-4BQYGX2RTBJH3HOBEYWIW6D76M/