千葉市は6日、男子トイレで男性に下半身を露出したとして、財政局の男性主事(29)を同日付で減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にしたと発表した。
市人事課によると、男性主事は昨年12月29日午後6時半ごろ、東京都千代田区の商業ビル内の男子トイレで、男性に下半身を露出した。男性の110番で発覚。警視庁が男性主事を都迷惑防止条例違反容疑で書類送検し、6月7日に東京簡裁が罰金20万円の略式命令を出した。
男性主事は事件当日、年末の休みで現場近くで買い物をしていた。市の聞き取りに「ストレスがあった。被害者に対して、大変不快な思いをさせてしまった」と話しているという。
https://www.sankei.com/article/20210706-4Q3KQO5LW5OJJLCLMLS5DOMGVQ/