東京五輪の自転車ロードレースのコースとなる路上に粒状のアスファルトを散乱させたとして、警視庁府中署は22日、道路法違反の疑いで、東京都三鷹市の会社員の男(55)を逮捕した。アスファルトを散乱させたことは認めている一方で、「故意にやったわけではない」という趣旨の説明をしているという。
逮捕容疑は21日午前3時25分ごろ、東京都府中市の都道でトラックに積んだアスファルトを散乱させたなどとしている。府中署によると、同日午前4時35分ごろ、通行人から「アスファルトが散乱している」と110番通報があった。現場は片側1車線で、撤去作業のため、一時、片側交互通行になるなどした。けが人はいなかった。
道路は24、25日にロードレースのコースとして使われる予定。府中署は詳しい状況などを調べている。
https://www.sankei.com/article/20210722-JHHE33GIQRNU7IQQ3NGNVT7BHQ/?outputType=theme_tokyo2020