カテゴリー

« 葛飾のマンションに男性の遺体 30代男が自首「刃物で刺した」(23日)TBS | トップページ | 乗用車同士が衝突、小1の女児が死亡 京都・城陽(23日)産経 »

2021年7月23日 (金)

駅うろつく包丁持つ男 女性巡査が振り下ろした警棒の傷(23日)朝日

 名古屋駅に包丁を持った男が現れた。利用客らが逃げまどうなか、鉄道警察隊の女性隊員(27)が男との間合いを詰め、警棒で一撃。警棒は包丁に命中し、一人のけが人も出さず、身柄を確保した。
白昼堂々、にぎわう駅のコンコースで起きたこの事件は、ツイッターで写真・動画付きで発生直後から広く拡散されました。そこに写っていたのは、男を抑える鉄道警察隊の男女ペア。けが人を1人も出すことなく解決されるまで、どんな経緯があったのでしょうか。若手の女性隊員に話を聞きました。記事末尾には、現行犯逮捕時の動画、若手女性隊員へのインタビュー動画もあります。
 事件があったのは、7月10日午前11時すぎ。新幹線や在来線の改札口や売店などが並ぶJR名古屋駅の中央コンコースを、男がうろついていた。右手に包丁を握っている。
 愛知県警鉄道警察隊の立松愛美巡査(27)は、先輩の岡田真吾巡査部長(44)とパトロールを終え、コンコース内にある詰め所で休憩を取るところだった。
 「刃物を持って暴れている男がいる!」
 駅員が詰め所に飛び込んできた。立松巡査らは警棒と盾を手に外へ飛び出した。大勢の人が逃げ回るなか、包丁を持った男がいた。
 「武器捨てろ!」
 岡田巡査部長の呼びかけに反応したのか、男が岡田巡査部長の方へ近づいてくる。距離は1メートルほどだ。
 「このままじゃ危ない」
 立松巡査はコンコースの柱の…
この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。
残り:655文字/全文:1071文字
https://www.asahi.com/articles/ASP7Q748QP7QOIPE001.html

« 葛飾のマンションに男性の遺体 30代男が自首「刃物で刺した」(23日)TBS | トップページ | 乗用車同士が衝突、小1の女児が死亡 京都・城陽(23日)産経 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 葛飾のマンションに男性の遺体 30代男が自首「刃物で刺した」(23日)TBS | トップページ | 乗用車同士が衝突、小1の女児が死亡 京都・城陽(23日)産経 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ