埼玉県警は2日、偽造した在留カードをインドネシア国籍の男(26)に渡したとして、入管難民法違反(偽造在留カード提供)の疑いで、中国籍の無職、劉亮容疑者(36)=同県宮代町西粂原=を逮捕し、さいたま地検に送検したと発表した。カードの偽造にも関与したとみて捜査している。
逮捕容疑は6月7日、偽造した在留カード1枚を男に郵送し、同8日に受け取らせたとしている。容疑を認めている。
県警によると、受け取った男は入管難民法違反(偽造在留カード収受)の疑いで再逮捕されており、カードを1枚7千円で購入したと供述しているという。
https://www.sankei.com/article/20210702-QFX5ANRAYNIIRL4ZI356SYEBO4/