カテゴリー

« 離島警備隊の訓練施設整備へ 沖縄、尖閣上陸に対処―警察庁(28日)時事 | トップページ | 中等症も高度治療必要な患者増加 医療のひっ迫に危機感(28日)NHK »

2021年7月28日 (水)

熱中症の疑いで搬送 1週間で8100人余に 総務省消防庁(28日)NHK

各地で猛暑日が相次いだ7月25日までの1週間、熱中症の疑いで病院に運ばれた人は、その前の週の2倍近くにあたる8100人余りに上ったことが、総務省消防庁のまとめで分かりました。
総務省消防庁によりますと、7月19日から7月25日までの1週間に熱中症の疑いで病院に運ばれた人は、全国で合わせて8122人に上りました。
その前の週の4510人と比べると1.8倍となっています。
搬送された人のうち、死亡した人は23人で、症状別の程度をみますと、
▽入院が必要な「重症」や「中等症」が合わせて3060人▽「軽症」が4900人でした。
年齢別では、▽65歳以上の高齢者が4640人と、全体の半分以上を占めたほか、▽18歳以上65歳未満が2627人▽7歳以上18歳未満が781人▽0歳から7歳未満が74人でした。
都道府県別では、▽東京都が705人と最も多く、このほか、▽北海道が546人▽埼玉県が537人▽大阪府が504人▽愛知県が428人などとなっています。
また、場所別にみますと、▽「住居」が3437人と最も多く、▽歩道などを含む「道路」が1496人▽工場や畑などの「仕事場」が887人などとなっています。
梅雨明け後は、各地で急激に気温が上がり、熱中症の搬送者が急増する時期です。
総務省消防庁は、熱中症は対策を取ることで予防できるとして、▽適切な冷房使用をはじめ、▽こまめな換気や水分補給のほか、▽作業を行うときは適度に休憩するなどの対応を呼びかけています。
続きを見る
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210728/k10013164171000.html

« 離島警備隊の訓練施設整備へ 沖縄、尖閣上陸に対処―警察庁(28日)時事 | トップページ | 中等症も高度治療必要な患者増加 医療のひっ迫に危機感(28日)NHK »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 離島警備隊の訓練施設整備へ 沖縄、尖閣上陸に対処―警察庁(28日)時事 | トップページ | 中等症も高度治療必要な患者増加 医療のひっ迫に危機感(28日)NHK »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ