人気アニメ「鬼滅の刃」の作品を連想させるデザインの偽グッズを販売し、正規品と混同させたとして、愛知県警は28日、不正競争防止法違反(混同惹起行為)の疑いで、横浜市中区のグッズ卸売業「レッドスパイス」社長、斉藤雪容疑者(52)ら4人を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。
鬼滅の刃の偽グッズを巡っては、商標法違反や著作権法違反容疑で摘発される例が多かったが、県警は今回、商標登録されていないデザインでも消費者が正規品と誤解する恐れがあるとして、不正競争防止法違反容疑を適用した。
捜査関係者によると、県警は昨年、県内のゲームセンターなどで正規品ではない商品が流通していることを把握。今年4月に同社の他、千葉、神奈川両県にある倉庫などを家宅捜索し、段ボール数百箱分の商品を押収した。
https://www.sankei.com/article/20210728-YUVCPONSYZNGXP6YEJD7QGQSGU/