高齢女性からキャッシュカードをだまし取るなどしたとして、神奈川県警捜査2課は14日、詐欺などの疑いで、横浜市都筑区池辺町の建築業、安里孝弥被告(27)=詐欺幇助(ほうじょ)罪などで起訴、保釈中=を逮捕した。「知りません」と容疑を否認している。
逮捕容疑は、氏名不詳者らと共謀のうえ、昨年12月14日、同県伊勢原市に住む80代の無職女性方に金融機関職員などを装って「後期高齢者保険の手続きをするとおカネが戻るが、キャッシュカードを新しくする必要がある」などと噓の電話をかけ、少年が女性方を訪問。キャッシュカード2枚をだまし取り、同日、女性の口座から現金50万円を引き出したとしている。
同課によると、安里容疑者はすでに女性に対する詐欺などの容疑で逮捕されている少年3人に指示を与える形で、犯行に関与。少年らの供述などから、安里容疑者が浮上した。
https://www.sankei.com/article/20210714-EDUCMFAB2JJPBOU6N2MBIP2GJQ/