カテゴリー

« 中国公船が領海侵入 日本漁船に接近―沖縄・尖閣沖(11日)時事 | トップページ | 首都高で逆走した車が衝突 運転の男性が死亡 10キロ以上逆走か(11日)NHK »

2021年7月11日 (日)

モデルナワクチン接種後 腕が赤くなる症状 9日目に3.5%の人に(11日)NHK

モデルナの新型コロナウイルスワクチンを接種したあと、時間をおいて腕が赤くなったりする「モデルナ・アーム」と呼ばれる症状について、国の研究班が初めて分析を行いました。
接種から9日目には3.5%の人に症状が確認されたということで、研究班は「腕を冷やすなどして対応してほしい」としています。
モデルナのワクチンを接種した人は1週間以上して腕の接種部位が赤くなったり、かゆみが出たりすることがあり、海外では「モデルナ・アーム」とも呼ばれています。
厚生労働省の研究班は1回目の接種を受けた自衛隊員のうち1447人について、接種から9日目以降の症状を初めて分析しました。
その結果、9日目に腕が赤くなっていた人は全体の3.5%、10日目が4%で、11日目以降は2.6%でした。
腕のかゆみが出ていた人は、接種から9日目が2.7%、10日目は2.4%で、11日目以降は1.3%だったということです。
中には25日目まで症状が続いた人もいて、40代の人の発症が目立ったということです。
国の研究班の代表で順天堂大学医学部の伊藤澄信客員教授は「いったんおさまったあとに再び症状が出る人もいる。ほとんどの場合、時間がたてばおさまるので、慌てずに接種部位を冷やすなどして対応してほしい」としています。

「モデルナ・アーム」実際に症状出た人は

先月28日にモデルナのワクチンの1回目の接種を受けた40代の女性は、接種から8日目に接種した部位に赤みが出て、かゆみがあることに気付きました。
その日から翌日にかけてかゆみがひどくなり、冷やしたり、かゆみを抑える薬を塗ったりして対処したところ、12日目になってようやく症状がおさまり始めたということです。
先月29日に1回目の接種を受けた30代の男性は、10日目ごろから接種部位が赤くなり始めました。12日目にはかゆみも出て、赤みは直径で6センチほどの大きさになったということです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210710/k10013132201000.html

« 中国公船が領海侵入 日本漁船に接近―沖縄・尖閣沖(11日)時事 | トップページ | 首都高で逆走した車が衝突 運転の男性が死亡 10キロ以上逆走か(11日)NHK »

新型コロナウイルス禍関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国公船が領海侵入 日本漁船に接近―沖縄・尖閣沖(11日)時事 | トップページ | 首都高で逆走した車が衝突 運転の男性が死亡 10キロ以上逆走か(11日)NHK »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

留置所

無料ブログはココログ