カテゴリー

« 五輪開催控え信号調整本格化へ 警視庁、管制センター公開(16日)共同 | トップページ | 東京の空に“巨大な人の顔” 現代アート作品披露(16日)NHK »

2021年7月16日 (金)

”1億円超”の特殊詐欺 諫早の80代女性が被害に 長崎県内で最高額(16日)共同

諫早署は15日、長崎県諫早市内の80代女性が名義貸しを巡るトラブルの示談金名目で現金をだまし取られる特殊詐欺事件が発生したと発表した。被害額は調査中だが1億円を超えるとみている。県警によると、県内での特殊詐欺被害1億円超は、統計で確認できる2017年以降、最高額という。
 同署によると、昨年6月中旬ごろ、男の声で全国防犯協会の「ツダ」らを名乗る電話が1人暮らしの女性宅にあり、女性が東日本大震災時に「ペスコ」という会社に寄付していたとして、「新たに寄付してくれる人を探している。こちらで代理を立てる」と言ってきた。その後、「代理人があなたの名前などで放射能除去装置を購入した。名義貸しであなたも刑事処分を受けることになる」などとう そを言い、示談金を要求した。
 信じ込んだ女性は昨年11月下旬ごろまでの複数回、自宅近くの路上で受け取りに来た男に現金を渡した。この間、女性は現金自動預払機(ATM)で200回以上にわたって現金を引き出していた。通帳などを確認し不審に思った親族が今月9日、警察に届け出て、発覚した。女性は震災で寄付をした覚えはないと話しているという。
 実在する全国防犯協会連合会は、同会をかたる不審電話がかかってくる事案が発生しているとしてホームページで注意を促している。ペスコも同様に注意喚起している。同署は「身に覚えがない請求や電話があれば、いったん電話を切るなどし、親族や警察に相談してほしい」と呼び掛けている。

https://nordot.app/788606029460602880?c=39546741839462401

« 五輪開催控え信号調整本格化へ 警視庁、管制センター公開(16日)共同 | トップページ | 東京の空に“巨大な人の顔” 現代アート作品披露(16日)NHK »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 五輪開催控え信号調整本格化へ 警視庁、管制センター公開(16日)共同 | トップページ | 東京の空に“巨大な人の顔” 現代アート作品披露(16日)NHK »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ