カテゴリー

« 秋田で激しい雨 土砂災害や川の氾濫に警戒(12日)NHK | トップページ | 八街5人死傷事故、千葉で飲酒運転根絶“旭トマット作戦”(12日)TBS »

2021年7月12日 (月)

第一三共 コロナワクチン 年内にも数千人規模の臨床試験実施へ(12日)NHK

新型コロナウイルスの国産ワクチンについて、開発を進める製薬会社の1つ、第一三共は、国産の「mRNAワクチン」の数千人規模の臨床試験を年内にも実施する方向で準備を進めていることが分かりました。

国産の「mRNAワクチン」

これは製薬大手の第一三共でワクチン開発の責任者を務める籔田雅之バイオロジクス本部長がNHKの取材に対して明らかにしました。現在、国内で使われている「mRNAワクチン」はいずれも海外で開発されたものですが、第一三共では独自の技術を使った国産の「mRNAワクチン」の臨床試験を始めています。
籔田バイオロジクス本部長によりますと年内にも開発中のワクチンを数千人に投与する最終段階の臨床試験を始める準備を進めていて、結果を踏まえて国に承認の申請を行う方針だということです。
新型コロナウイルスではすでに実用化されたワクチンがあることから、ワクチンが含まれていない偽の薬を数万人に投与して効果を比較する大規模は臨床試験は倫理的に難しいとされています。
このため会社では開発中のワクチンを投与した人の抗体の値をすでに実用化されたワクチンと比べて遜色がないことを確認する「非劣性試験」という方法で検討しているということです。 承認されれば、埼玉県にある工場で大量生産を行うということで、現在生産体制の整備も進めているということです。
国内の企業のワクチン開発については、このほかバイオベンチャーのアンジェス、塩野義製薬、製薬会社のKMバイオロジクスがそれぞれ臨床試験を始めています。
籔田バイオロジクス本部長は「2022年度の実用化を目標に掲げ、パワーを入れて進めていく。『mRNA』は非常に速いスピードで医薬品開発ができるのでいまは新型コロナが最優先だが、今後ほかのワクチンや遺伝子治療、がん領域でも開発を推進していきたい」と話していました。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210712/k10013133761000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

« 秋田で激しい雨 土砂災害や川の氾濫に警戒(12日)NHK | トップページ | 八街5人死傷事故、千葉で飲酒運転根絶“旭トマット作戦”(12日)TBS »

新型コロナウイルス禍関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋田で激しい雨 土砂災害や川の氾濫に警戒(12日)NHK | トップページ | 八街5人死傷事故、千葉で飲酒運転根絶“旭トマット作戦”(12日)TBS »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

留置所

無料ブログはココログ