フィリピン南部スルー州ホロ島で4日、空軍のC130輸送機が着陸に失敗し炎上した。国軍によると、同機には兵士ら約90人が乗っており、17人の死亡が確認された。約40人が現場で救助されて搬送された。地元メディアなどが伝えた。
死傷者は増える恐れがある。報道によると、事故機は着陸を試みたが滑走路から外れたという。(共同)
https://www.sankei.com/article/20210704-SE4AZBJUMRMIVAZRFHCN5HJ6HY/