高度50メートル以下の低空でヘリコプターを飛行させたとして、警視庁東京湾岸署は15日、航空法違反の疑いで、東京都江戸川区の造船会社役員の男(64)を書類送検した。男は「スーパーカーが駐車場にあり、客に見せるためだった」と容疑を認めている。
書類送検容疑は、今年1月16日午前11時55分ごろ、江東区夢の島の「夢の島マリーナ」上空で、航空法で定める最低安全高度の150メートルを下回る50メートル以下の高度でヘリを低空飛行させたとしている。
同署によると、当時は4人乗りの小型ヘリを男が操縦し、他に男の会社の従業員と客の計3人が搭乗。男の会社では日常的に商談相手の客をヘリに乗せて東京上空を遊覧飛行することがあり、この日は夢の島マリーナの駐車場に駐車されていたスーパーカーを客に見せるため、低空飛行したという。
近くにいた女性が「かなりの低空でヘリが飛んでいる」と110番通報し、ヘリが飛行する様子を撮影。警視庁がこの画像を元に、男のヘリを特定したという。
https://www.sankei.com/article/20210715-KO6A4FFGYJKKNNZPBS7P644BTU/