茨城県警笠間署は21日、同県城里町の住宅で令和元年12月から昨年1月ごろの間に、長男の無職、阿部将行さん=当時(41)=と長女の無職、由起子さん=同(36)=の首を絞め殺害したとして、殺人容疑で、昨年6月に遺体で見つかった母親=発見当時(71)=を容疑者死亡で書類送検した。
同署によると、家族は3人暮らし。昨年6月に住宅を訪ねた署員が3人の遺体を発見した。母親が書いたとみられる遺書から、県警は将来を悲観した無理心中とみている。
書類送検容疑は元年12月~昨年1月ごろ、2人の首をロープで絞めて窒息死させたとしている。
https://www.sankei.com/article/20210721-DJE5CCBHW5IQZN3LLERU2UUN2Y/