カテゴリー

« 一般客の搭乗制限に業界団体懸念 国交省要請に「非常に困難」(26日)共同 | トップページ | 高速料金、休日・深夜割引見直し 大都市圏に変動料金を導入(26日)共同 »

2021年7月26日 (月)

緊急宣言の人出抑制効果薄まる 東京駅は10%減どまり(26日)共同

新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言は、回を重ねるごとに人出を抑制する効果が薄まっている。東京都で4回目の宣言開始から2週間を前にした25日の人出は、1回目の宣言開始前の昨年3月(日曜日平均)に比べ、JR東京駅で10%減にとどまった。ソフトバンク子会社「Agoop(アグープ)」のデータから午後9時台の人出を抽出した。
 昨年3月の日曜日平均の人出と、1~4回目の宣言開始から約2週間後の日曜日の人出を東京駅で比較。宣言1回目の昨年4月は昨年3月に比べ65%減。減少幅は2回目の今年1月に42%減、3回目の5月に33%減、4回目の今月25日には10%減となった。
https://nordot.app/792346996208386048?c=39546741839462401

« 一般客の搭乗制限に業界団体懸念 国交省要請に「非常に困難」(26日)共同 | トップページ | 高速料金、休日・深夜割引見直し 大都市圏に変動料金を導入(26日)共同 »

新型コロナウイルス禍関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一般客の搭乗制限に業界団体懸念 国交省要請に「非常に困難」(26日)共同 | トップページ | 高速料金、休日・深夜割引見直し 大都市圏に変動料金を導入(26日)共同 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

留置所

無料ブログはココログ