住宅に押し入り現金3千円を奪ったとして、京都府警は14日、強盗と住居侵入の疑いで住居不定、無職の川嶋憂介被告(27)=別の強盗、詐欺罪などで起訴済み=を再逮捕した。容疑を認めているという。
再逮捕容疑は男2人と共謀し、昨年2月16日午後、京都市山科区の会社役員の女性(86)宅に侵入し、刃物を突き付けて「金を出せ」などと脅して、財布から3千円を奪ったとしている。
府警によると、川嶋容疑者は半グレ集団の一員とみられ、犯行の指示役だった。共謀した男2人は既に同容疑で逮捕、起訴された。
川嶋容疑者は、昨年1月に京都市東山区の質店から腕時計を奪ったとして強盗容疑などで逮捕、起訴されている。
https://www.sankei.com/article/20210715-XEDUBDRUUJPPNFEP2DLI3NA7ZI/