カテゴリー

« 「クレイジー君」、高裁に提訴 当選無効の取り消し求める、埼玉(14日)共同 | トップページ | 横浜・鶴見区の京三製作所に放火の疑い、元警備員を再逮捕(14日)共同 »

2021年7月14日 (水)

来日する選手や関係者は10万人超 選手村オープン、水際対策は大丈夫?(14日)共同

東京五輪開幕まで10日となった13日、東京・晴海の選手村が正式にオープンした。この日、事前合宿を行う各国選手ら約900人が来日し、入国もピークを迎えた。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中での五輪開催。五輪とパラリンピックで選手や関係者ら計約10万5000人が来日するが、空港検疫を含めて五輪・パラの感染対策はどうなっているのか―。(原田遼)

◆陰性ならホテルや選手村へ

 選手や国際オリンピック委員会(IOC)関係者らは、入国時の検査で陰性なら事前合宿先のホテルや選手村に入れる。ただし、選手は入国後に毎日、検査を受けなければならない。大会関係者は入国後3日までは毎日、4日以降は職種によって4~7日ごとに検査を受ける。
 6月19日に来日したウガンダ選手団は入国時検査で、1人が陽性と判明し、宿泊療養施設に移された。陰性だった8人は合宿地の大阪府泉佐野市に移動したが、その後の検査で1人が陽性となった。この他、セルビア選手団の1人とイスラエル選手団の1人の感染も明らかになっている。
選手ら五輪関係者は入国後3日間は、自分の部屋から出てはいけない。練習や五輪関係の業務のための外出は認められる。デルタ株が流行するインドなど9カ国の選手は入国後10日間は対外試合などはできない。
 選手は入国後4日目以降も練習・試合以外の外出は認められない。IOC関係者らは入国後14日たてば地下鉄など公共交通機関は利用できるが、競技会場や宿泊施設以外での外食は禁じている。
続きを読む
https://www.tokyo-np.co.jp/article/116478

« 「クレイジー君」、高裁に提訴 当選無効の取り消し求める、埼玉(14日)共同 | トップページ | 横浜・鶴見区の京三製作所に放火の疑い、元警備員を再逮捕(14日)共同 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「クレイジー君」、高裁に提訴 当選無効の取り消し求める、埼玉(14日)共同 | トップページ | 横浜・鶴見区の京三製作所に放火の疑い、元警備員を再逮捕(14日)共同 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ