知人男性を刃物のようなもので刺すなどして殺害したとして、京都府警向日町署は10日、殺人容疑で京都府大山崎町下植野寺門のアルバイト、佐藤千晴容疑者(31)を逮捕した。「殺してやるという思いでした」と容疑を認めているという。
逮捕容疑は9日午前9時55分~午後5時半ごろ、京都市伏見区内のラブホテル室内で同市東山区今熊野日吉町の自営業、古川剛(たけし)さん(37)の背中を刃物のようなもので刺すなどして殺害したとしている。
向日町署によると、佐藤容疑者と古川さんは交際関係にあったとみられる。室内では、使用した形跡のある刃物やクロスボウ(洋弓銃)と矢が見つかり、遺体にも複数の刺し傷や切り傷のほかに、クロスボウによる傷もあったという。
同署が犯行動機や凶器の入手経路を詳しく調べている。
https://www.sankei.com/article/20210710-HRF5J7P2VBPILENTWZY7PXM76Q/