カテゴリー

« 2021年7月21日 (水) | トップページ | 2021年7月23日 (金) »

2021年7月22日 (木)

2021年7月22日 (木)

会場周辺で大規模交通規制 五輪開会式、生活に影響も(22日)日経

東京五輪の開会式が行われる23日夜、国立競技場(東京・新宿)周辺は大規模な交通規制が行われる。200を超える国・地域の選手らを円滑に輸送するため、会場から1~2キロメートル圏内の住宅街などで原則車両の進入が禁じられる。すでに始まった規制で都内は渋滞が増えており、周辺住民らの生活に影響を及ぼす可能性が高い。

競技場周辺は22日、翌日の開会式に向け、大会関係者らが慌ただしく行き来していた。競技場に近いJR千駄ケ谷駅では警察官が交通整理にあたり、通行人らの問い合わせなどに対応。競技場近くを訪れた都内在住の自営業の40代女性は「人出や関係車両が多い。いよいよ開幕の雰囲気を感じる」と話した。
続きを見る
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE213I40R20C21A7000000/

五輪ロードレースコースにアスファルト散乱 容疑の男逮捕 警視庁(22日)産経

東京五輪の自転車ロードレースのコースとなる路上に粒状のアスファルトを散乱させたとして、警視庁府中署は22日、道路法違反の疑いで、東京都三鷹市の会社員の男(55)を逮捕した。アスファルトを散乱させたことは認めている一方で、「故意にやったわけではない」という趣旨の説明をしているという。
逮捕容疑は21日午前3時25分ごろ、東京都府中市の都道でトラックに積んだアスファルトを散乱させたなどとしている。府中署によると、同日午前4時35分ごろ、通行人から「アスファルトが散乱している」と110番通報があった。現場は片側1車線で、撤去作業のため、一時、片側交互通行になるなどした。けが人はいなかった。
道路は24、25日にロードレースのコースとして使われる予定。府中署は詳しい状況などを調べている。
https://www.sankei.com/article/20210722-JHHE33GIQRNU7IQQ3NGNVT7BHQ/?outputType=theme_tokyo2020

石川県でタクシー強盗 容疑者は草むらに・・・(22日)TBS

 22日午前9時ごろ、石川県白山市でタクシーに乗っていた男が70代の男性運転手のあごを刃物のような物で切りつけ、タクシーを奪って逃走しました。
 警察がおよそ3キロ離れた場所でタクシーを発見し、草むらに隠れていた自称・金沢市のアルバイト従業員、宮下剛士容疑者(44)を強盗傷害の疑いで緊急逮捕しました。警察が詳しい動機を調べています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4320998.html

オリンピック競技会場周辺にトレーラーハウス活用の臨時交番(22日)NHK

東京オリンピックの開会式を23日に控え、都内の競技会場の周辺にはトレーラーハウスを活用した警視庁の臨時の交番が設置されました。
この交番は大会期間中、会場周辺のパトロールや相談対応を強化しようと警視庁が都内の2か所に設置したものです。
22日から警察官が24時間常駐するということで、このうち渋谷区の国立代々木競技場の近くに設置された交番では、2人の警察官が早速、業務に当たっていました。
臨時の交番は大会期間中のみの運用となるため、費用を抑える目的などから交番としては全国で初めて、レンタルのトレーラーハウスを活用したということです。
このほか警視庁は大会期間中、臨時交番の機能を備えた専用の車両、合わせて13台を都内で巡回させることにしています。

国立代々木競技場の近くの臨時交番を担当する代々木警察署の押切浩之署長は「世界各国から大会に関わる多くの人たちが訪れるので、しっかり対応したい」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210722/k10013154461000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

【国内感染】新型コロナ 6人死亡 5397人感染 (22日18:45)(22日)NHK

22日はこれまでに全国で5397人の感染が発表されています。また、北海道で1人、大阪府で1人、奈良県で1人、愛知県で1人、神奈川県で1人、香川県で1人の合わせて6人の死亡の発表がありました。
国内で感染が確認された人は空港の検疫などを含め85万7921人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて85万8633人となっています。
亡くなった人は国内で感染が確認された人が1万5108人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて1万5121人です。
各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。
( )内は22日の新たな感染者数です。
▽東京都は19万5041人(1979)▽大阪府は10万8235人(461)▽神奈川県は7万5109人(631)▽愛知県は5万2572人(146)▽埼玉県は5万1083人(510)▽千葉県は4万4637人(343)▽北海道は4万2818人(140)▽兵庫県は4万2255人(149)▽福岡県は3万6797人(139)

続きを見る
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210722/k10013154611000.html

JR京都駅で線路枕木から煙 計12本運休、1万人超に影響(22日)共同

22日午後3時10分ごろ、京都市下京区のJR京都駅で、琵琶湖線の線路の枕木から煙が出ているのを、駅に入った列車の係員が見つけた。駅員が駆け付け消火した。
 JR西日本によると、奈良線の上下線計12本が運休、同線など計40本が最大60分遅れ、約1万1千人に影響した。
https://nordot.app/790911886240727040?c=39546741839462401

五輪関係者の行動管理を徹底 組織委、警備員の巡回強化(22日)共同

東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、海外から来日した大会関係者の行動管理を徹底すると明らかにした。決められた場所以外への短時間の外出でも監視スタッフの対応を必要とし、警備員による宿泊先周辺の巡回を強化。度重なる規則違反については、許可証の効力停止など厳しい措置を講じる。
 来日した大会関係者は14日間の待機期間中、事前に申請した場所以外への外出は原則禁止。しかしホテルなどに「外出は15分以内」と案内を掲出したことで外出を容認するかのように捉えられ「誤解を与えていた」(組織委幹部)とし、こうした表示を撤廃した。
https://nordot.app/790859808660635648?c=39546741839462401

熱中症か、1歳女児死亡 千葉、母が車内で居眠り(22日)共同

22日午前10時40分ごろ、千葉県八千代市大和田新田の駐車場で、車内にいた女児(1)の意識がないと、母親から119番があった。八千代市消防本部によると、女児は搬送先の病院で死亡が確認された。死因は熱中症とみられている。
 同本部によると、母親は女児と一緒に車で帰宅し、そのまま車内で3時間ほど居眠りした。目を覚ました際、女児が息をしていないことに気付いたと話している。車内のエアコンはつけていたという。
https://nordot.app/790872541637574656?c=39546741839462401

聖火リレー、23日午前にゴール 猛暑の都心で代替セレモニー(22日)共同

東京五輪の聖火リレーは22日、14日目を迎え、強い日差しが照りつける中、東京都港区で公道走行の代わりとなる点火セレモニーが開かれた。23日午前には都庁・都民広場でリレーの到着式が行われる。その後、聖火は国立競技場へ運ばれ、午後8時から始まる開会式で最終点火者が聖火台に火をともす。
 22日のセレモニーにはプロ野球巨人の原辰徳監督が登場。トーチをバットのように構えてみせると、会場から歓声が上がった。人気グループ「EXILE」のMAKIDAIさんらも参加した。
 開会式を巡っては、開催前日になっても演出担当者が解任されるなどごたごたが続く。
https://nordot.app/790912408755814400?c=39546741839462401

フィリピンの特殊詐欺、8人逮捕 19年に拘束、全員移送完了(22日)共同

フィリピンを拠点とする特殊詐欺事件で、警視庁捜査2課は22日、首都マニラから日本に移送されたいずれも住所、職業不詳の23~58歳の男8人を窃盗容疑で逮捕した。2019年11月にフィリピン当局が拘束した男36人全員の移送が完了した。一部は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、現地に約1年8カ月留め置かれていた。
 8人の逮捕容疑は19年11月、警察官などに成り済まし、東京都渋谷区の60代女性に電話をかけ、国内の受け取り役と共謀してキャッシュカード5枚を盗んだ疑い。
同課によると、36人はマニラのホテルを拠点に詐欺電話をかける「かけ子」グループだったとみられる。
https://nordot.app/790889243201126400?c=39546741839462401

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(22、23日 単位・レベル)
意外に多い精神的疾患者による犯罪
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20210722205101 Img_20210625_112028  令和に入って1か月は過ぎていたが、大阪府吹田の交番の警察官が襲われ拳銃を奪われる事件が発生した。強盗殺人未遂で逮捕された男は35歳。その裁判が19日に大阪地裁で開かれ、本人が犯行を認めたと言うが弁護側は統合失調症にかかっていて責任能力がなかった可能性があると主張しているという。実はこうした精神疾患者による犯罪が意外に多いのである。
 … … … … …
 警察庁によると令和元年の刑法犯検挙人員19万2607人のうち精神障害者が1280人もいた。これに精神障害の疑いのある697人を加えると1977人になる。
 この他では覚醒剤常用者が546人、認知症又は認知症の疑いのある者が545人、性格異常者が536人、アルコール中毒者402人などと続き疾患者は4136人にものぼる。
 これら関係者を罪種別でみると精神障害者又は疑いのある者の最多は粗暴犯で650人。中でも傷害は322人もいた。これに続くのは窃盗犯で505人。
 今回の拳銃強奪事件のような強盗や殺人など凶悪犯も136人で最多は殺人の56人もいる。
 こうしてみるとやはり精神的な疾患者対策が治安情勢に大きな影響を与えていることになる。関係省庁による連携が必要だ。
  東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【悪質商法はうそつき】(警察庁標語)

(う)まい話を信用しない
(そ)うだんする
(つ)られて返事しない
すぐに契約しない
(き)っぱり、はっきり、断る

フィリピンの特殊詐欺、8人逮捕 19年に拘束、全員移送完了(22日)共同
https://nordot.app/790889243201126400?c=39546741839462401

特殊詐欺もリモートに 新潟県内の被害者の告白(22日)産経
http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20691828/index.html

★スポーツ中継サイト、実は偽物 フィッシング詐欺に注意(18日)朝日
★「息子さんがミスをした」76歳男性が1100万円詐欺被害(17日)NHK
★現金渡した「弟の関係者」の正体は…スマホ画像決め手に(16日)朝日
★”1億円超”の特殊詐欺 諫早の80代女性が被害に 長崎県内で最高額(16日)共同
★おととし比で摘発の特殊詐欺Gの10人 日本に移送され逮捕(15日)TBS
★高齢者からキャッシュカード詐取の疑い 男を逮捕(14日)産経
★OZプロジェクト、言葉巧みに資金集め 暗号資産開発詐欺(12日)時事
★暗号資産「AI自動運用」うたい詐欺 被害総額65億円か(12日)TBS

東京都 新型コロナ 1979人感染確認 前週木曜日比で671人増(22日)NHK

東京都は22日、都内で新たに1979人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。1週間前の木曜日より671人増え、感染の急拡大が続いています。一方、都の基準で集計した22日時点の重症の患者は21日より1人増えて65人でした。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210722/k10013154161000.html

特殊詐欺もリモートに 新潟県内の被害者の告白(22日)産経

役所や金融機関職員などを装って現金などをだまし取る特殊詐欺。新潟県内では今年に入り、犯人が被害者宅まで受け取りにいく形態が減る一方、電話で言葉巧みにお金を振り込ませるリモートタイプが増加。特に保険料還付をかたる手口が急増し、県警が注意を呼び掛けている。詐欺の世界にもリモートが浸透しつつあるようだ。
被害額2・5倍
県警によると、今年1~6月末までの特殊詐欺事件の発生件数は66件、被害総額は1億4660万円となっている。昨年同期と比べ件数は約1割減っているものの、被害額は4割近く増えている。
目立つのは「架空料金請求詐欺」や「還付金詐欺」が増えていること。
ありもしない料金を請求し、お金をだまし取る架空料金請求詐欺は、前年同期より17件多い41件発生し、全体の6割を占める。被害総額は前年同期の3倍の1億2千万円余りに上る。
また、役所職員を装った犯人が、取り過ぎた介護保険料を返すと電話をかけてきて、被害者に現金自動預払機(ATM)を操作させお金をだまし取る還付金詐欺は4件発生。被害総額は185万円となっている。前年同期の0件からこちらも増加している。
県警安全安心推進室の原伸一室長は「オレオレ詐欺のように犯人が被害者宅に出向いてだまし取る形態から、電話やメールだけでお金を振り込ませるなどしてだまし取る形態が増えている」と指摘する。
被害者の証言

6月、下越地方の60代女性が還付金詐欺グループに狙われたが、銀行員の機転で未遂に終わった。女性は7月上旬、県警の勧めもあり、報道陣に電話の録音音声を公表するとともに、体験談を明かした。特殊詐欺の実態を多くの人に知ってもらい、被害防止につながればとの思いからだった。

天皇陛下がバッハ会長らと面会 出席者絞り、飲食もなし(22日)朝日

天皇陛下は22日、皇居・宮殿で、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長らIOC関係者19人と面会した。陛下は英語で「アスリートの皆さんが健康な状態で安心して競技に打ち込み、その姿を通じて、新しい未来へと希望の灯火がつながれる大会となることを願います」とあいさつした。
 1964年の東京五輪では、昭和天皇と香淳皇后がIOC関係者や各国元首らを皇居に招いて茶会や昼食会を開いた。だが、今回は新型コロナ感染防止のために出席者を絞り、飲食も控えた。皇后雅子さまも同席しなかった。
 バッハ会長は、開会式について「平和、連帯感、耐性力と希望のメッセージを発信することができると確信しています」として、日本国民に感謝していると述べた。
 23日夜に国立競技場東京都新宿区)で始まる開会式には、皇室からは天皇陛下だけが出席し、開会宣言を行う。(杉浦達朗)
 天皇陛下は22日、皇居・宮殿で、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長らIOC関係者19人と面会し、おことばを述べた。全文は次の通り。
   ◇   ◇
 第32回オリンピック競技大会は、明日開会式を迎えます。
 現在、世界各国は、一昨年末より世界中を襲った新型コロナウイルス感染症の感染拡大という大変厳しい試練に直面しています。人が集い、つながることが簡単ではない状況が続いています。
 そのような状況の中、新型コロナウイルス感染症に対する万全の対策を講じながらの大会運営は決して容易なことではないと思います。それぞれの競技会場の現場などで大会運営に携わる方々をはじめ関係者の皆さんのご尽力に深く敬意を表します。
 オリンピックが長く、そして広く世界で支持されてきたのには、平和と調和というオリンピズムの精神に理由があると思います。私自身にとって、1964年の東京オリンピックの閉会式で各国選手団が国ごとではなく、混ざり合って仲良く行進する姿を目にしたことが、世界の平和を願う気持ちの源となりました。
 東京2020大会のビジョンは、「スポーツには世界と未来を変える力がある。」です。スポーツに挑むアスリートや、そのアスリートを支えるご家族や関係者の姿は、わたしたちに様々なことを感じさせてくれます。この大会は、新型コロナウイルス感染症に直面する中で迎えます。また、夏の盛りの熱波にも注意が必要です。この大会が、皆さんをはじめとする関係者の連携による感染防止対策に万全が期されることにより、アスリートの皆さんが健康な状態で安心して競技に打ち込み、その姿を通じて、新しい未来へと希望の灯火がつながれる大会となることを願います。皆様と共に全てのアスリートのご健闘を祈ります。
https://www.asahi.com/articles/ASP7Q555GP7QUTIL027.html

【独自】“無免許”運転で人身事故の都議 “当て逃げ”か 被害者が初証言(22日)TBS

 東京都議選の期間中に無免許運転で人身事故を起こした木下都議が事故後、走行を続け被害者に止められていたことがJNNの取材でわかりました。警視庁は、当て逃げした可能性についても慎重に調べています。

 「蛇行運転だとか、そんな運転をしていたので、ずいぶん危険な人が運転してるなと」(被害者の男性)

 東京・板橋区に住む50代の男性。「都民ファーストの会」に所属していた木下富美子都議(54)に車をぶつけられました。事故が起きたのは、都議選の投票を2日後に控えた今月2日の朝。木下都議が運転する乗用車は板橋区の交差点で右折レーンをバックし、後ろの男性の乗用車にぶつかります。男性と助手席の妻は、首や肩などに軽いけがをしました。
 「結構な衝撃でぶつかってきたので、ちょっとやっぱりびっくりしました」(被害者の男性)
 右折の表示が出ても進まない木下都議の車に、男性がクラクションを鳴らしたところ、突然、バックしてきたといいます。さらに・・・
 「アクセルがっつり踏んで、勢いよく出て行って逃げて行ったんです。それを見て自分たちも「逃げられた」と思って後ろから追っかけていって」(被害者の男性)
 右折しようとしていたはずの木下都議の車は、信号が青に変わるとそのまま直進。慌てて追いかけた男性が200メートル近く先で木下都議の車を止めたといいます。
 「『なんで逃げるの?』って聞いたら、(木下都議は)『逃げてない』と。『車からちょっと降りてきてよ』って言ったら、(木下都議は)降りた途端にいきなり自分の車(の後方)を見に行ったんです」(被害者の男性)
 周囲もその様子を目撃していました。
 「(被害者の車が)クラクション『バー』って鳴らしながら、横通って行ったんですよ。止めようとして」(目撃者の男性)
 木下都議は当時、免許停止期間中で無免許運転の状態。免停となるのは、今回で4回目だったことも新たに分かりました。
 警視庁は、木下都議を過失運転傷害などの疑いで捜査していますが、当て逃げの可能性についても慎重に調べています。
 事故発覚直後、JNNの取材に木下都議は「スマホを見ながら運転して免停になった。停止期間は2日までだったのに勘違いした」と話していましたが、その後は取材に一切応じていません。
 あすの都議会臨時会には辞職勧告決議案が提出され、可決される見通しです。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4320696.html

【速報】選手・関係者から新たに12人感染 五輪組織委員会発表(22日)TBS

 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は、きょう新たに選手や大会関係者12人について、新型コロナウイルスへの感染が判明したことを発表しました。
 12人のうち2人は海外から日本に入国し選手村に滞在する選手で、出身国や性別などは公表されていません。
 これで、大会関係者で感染が判明した人は87人になりました。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4320691.html

北海道 新型コロナ 1人死亡 140人感染確認(22日)NHK

北海道では新たに140人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。このうち札幌市が96人、道が38人、小樽市が3人、函館市が2人、旭川市が1人の感染確認を発表しました。
また道は、年代と性別がいずれも非公表の1人が22日までに亡くなったと発表しました。これで道内の感染者は札幌市の延べ2万6907人を含む延べ4万2818人となり、このうち死亡した人は1419人となっています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210722/k10013154141000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_009

滋賀県 新型コロナ 新たに22人感染確認16時42分

宮城県 新型コロナ 新たに18人感染確認16時37分

沖縄県 新型コロナ 新たに153人感染確認16時02分

ユダヤ系人権団体“悪意ある冗談”小林賢太郎氏を非難する声明(22日)NHK

アメリカのユダヤ系の人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」は、東京オリンピックの開会式と閉会式のショーディレクターを務める小林賢太郎氏が、過去のコントの中でナチス・ドイツによるユダヤ人の大量虐殺について悪意ある冗談を言ったとして非難する声明を発表しました。
アメリカに拠点を置くユダヤ系の人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」は21日、東京オリンピックの開会式と閉会式で「ショーディレクター」を務める小林賢太郎氏について日本のメディア報道を引用する形で過去のコントの中で「ユダヤ人大量惨殺ごっこやろうって言ったときのな」と発言したなどとして非難する声明を発表しました。
声明の中で「サイモン・ウィーゼンタール・センター」のエイブラハム・クーパー氏は「どれだけ創造的な人物であろうと、ナチスによる大量虐殺の犠牲者をあざ笑う権利はない。この人物が東京オリンピックに関与することは600万人のユダヤ人の記憶を侮辱することになる」としています。

「サイモン・ウィーゼンタール・センター」とは

「サイモン・ウィーゼンタール・センター」は、1977年に設立されたアメリカの人権団体で、第2次世界大戦中、ナチス・ドイツによって行われたユダヤ人に対する大量虐殺=ホロコーストについての研究調査や記憶を継承していくための取り組み、それにユダヤ系の人々の人権を守るための活動などを行っています。
団体の名前は、ホロコーストの生存者で戦後、逃亡していたナチスの戦犯の行方を追跡し続け、2005年に亡くなったサイモン・ウィーゼンタールにちなんでいます。
本部はロサンゼルスにあり、ニューヨークやシカゴなどにも事務所があります。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210722/k10013153761000.html

兵庫県で149人コロナ感染、100人超えは3日連続 7月22日発表(22日)共同

兵庫県は7月22日、149人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの感染発表数が100人を超えるのは3日連続で、直近1週間平均の感染者数は102・1人に増加。県内の感染確認は4万2255人となった。
 福井県は8月20日まで独自の「福井県感染拡大警報」を発令。国の緊急事態宣言対象地域とまん延防止等重点措置対象地域との往来は控えるよう求め、その他の地域は慎重に判断するよう呼び掛けている。全国の緊急事態宣言、まん延防止措置の対象地域は以下の通り。
【緊急事態宣言】沖縄県、東京都(8月22日まで) 【まん延防止等重点措置】埼玉県、神奈川県、千葉県、大阪府(8月22日まで)
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1362471

 

アシカが交通安全の推進大使に 島根、反射材の着用呼び掛け(22日)共同

島根県浜田市久代町の水族館「県立しまね海洋館アクアス」で人気の雌のアシカ「ニーナ」が夕暮れ時や夜間の交通事故を防ぐため、反射材の着用を呼び掛ける「推進大使」に就任した。県警浜田署が推進業務を委嘱した。アシカを頭文字とする「あいうえお作文」で「あるく時 しっかり かがやく反射材」を標語にニーナと普及を促す。
 アクアスで21日に開かれた委嘱式では、飼育員の水野美華さん(29)からニーナへ「キラリ推進大使」と記した、たすきが掛けられた。ニーナは水野さんの「暗い時は反射材を着けましょう」との掛け声に合わせて大きな鳴き声を発し、意気込んでいる様子だった。
https://nordot.app/790824704507199488?c=39546741839462401

五輪コースにアスファルト、逮捕 散乱容疑で貨物車の男(22日)共同

東京五輪の自転車ロードレースのコースとなる東京都府中市の都道に小石状のアスファルトを散乱させたとして、警視庁府中署は22日、道路法違反の疑いで三鷹市の会社員の男(55)を逮捕した。署によると、男は貨物車の運転手で、車に積んでいたアスファルトが落下したことは認めているが「わざとではない」と話している。
 逮捕容疑は21日午前3時20分ごろ、都道にアスファルトを散乱させた疑い。同4時半ごろに通行人から110番があり、署が捜査していた。
 都道は24、25日にロードレースのコースとして使われる予定で、アスファルトは撤去された。
https://nordot.app/790792493244432384?c=39546741839462401

販売目的でわいせつDVD所持、容疑で71歳男逮捕(22日)産経

無修正のわいせつDVDを販売目的で所持したとして、大阪府警都島署は21日、わいせつ電磁的記録記録媒体有償頒布目的所持の疑いで、大阪市都島区大東町のDVD販売業、山下竹美容疑者(71)を現行犯逮捕した。容疑を認めている。
逮捕容疑は21日午後0時20分ごろ、自宅でわいせつDVDを販売目的で所持したとしている。
同署によると、山下容疑者は実店舗は持たず、DVDのカタログや注文書を送り、通信販売していたという。自宅からDVD約7千枚と違法動画を焼き増しする機械を押収した。山下容疑者は昨年10月に同様の手口で同署に逮捕されており、同署の調べに対し「生活に困窮し、DVD販売を始めた」と説明したという。
https://www.sankei.com/article/20210722-E7O6BD6Z2ZNVVKWDK3OHBIRUKI/

五輪チケット購入者のID流出 組織委が調査(22日)日経

東京五輪・パラリンピックの観戦チケット購入者とボランティアのIDやパスワードがインターネット上に流出していることが21日、大会組織委員会の関係者への取材で分かった。組織委は流出した情報の規模や被害の有無などの詳しい調査を進めている。
流出したのは、チケット購入者やボランティアが専用サイトにアクセスするために必要なIDとパスワードとみられる。
五輪では過去の大会でもサイバー攻撃が相次いでいる。...
この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。残り232文字
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE219UH0R20C21A7000000/

白石警察署の留置場で容疑者死亡 自殺図ったか(22日)NHK

22日未明、札幌市にある警察署の留置場で勾留されていた69歳の容疑者が首をつっているのが見つかり、搬送先の病院で死亡しました。警察は自殺を図ったとみて、管理体制などに問題がなかったか詳しく調べています。
警察によりますと、22日午前1時前、札幌市にある白石警察署の留置場で、勾留されていた69歳の容疑者の男が寝具と衣類をトイレのドアにひっかけて首をつっているのを見回りをしていた警察官が見つけました。
意識不明の状態で病院に搬送されましたが、その後、死亡しました。
警察は逮捕された時期や容疑について明らかにしていません。
当時、留置場にいたのは1人だけで、発見される15分ほど前に座っている姿を確認していたということです。
警察は自殺を図ったとみて、管理体制などに問題がなかったか詳しく調べています。
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20210722/7000036784.html

開閉会式担当 小林賢太郎氏解任 ユダヤ系団体 過去コント非難(22日)NHK

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は、オリンピックの開会式と閉会式のショーディレクターを務める小林賢太郎氏を解任したことを明らかにしました。小林氏は過去のコントの中でナチス・ドイツによるユダヤ人の大量虐殺について悪意ある冗談を言ったとしてアメリカのユダヤ系の人権団体が非難する声明を発表していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210722/k10013153751000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

ガソリンスタンドに刃物持った男 32万奪って逃げる 茨城 桜川(22日)NHK

22日未明、茨城県桜川市のガソリンスタンドに刃物を持った男が押し入り、現金およそ32万円を奪って逃げました。従業員にけがはなく、警察は強盗事件として行方を捜査しています。
22日午前4時ごろ、桜川市上野原地新田のガソリンスタンドに男が押し入り、38歳の男性従業員に刃物を突きつけたうえ、袋を渡して「金を入れろ」と脅しました。
従業員が自動精算機を開けて売上金およそ32万円を渡すと走って逃げたということです。
従業員にけがはありませんでした。
警察の調べによりますと、男は▼年齢が20代から30代くらい▼身長が1メートル75センチくらいの小太りで、▼いずれも黒の長袖とジャージのズボンを身につけていたということです。
警察は防犯カメラの映像を分析するなど強盗事件として行方を捜査しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210722/k10013153591000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

感染緊迫も、4連休初日に旅立ち 首都、東京駅や羽田空港(22日)共同

東京五輪開幕に伴う4連休が22日、スタートした。駅や空港では、新型コロナウイルスの新規感染者が連日千人を超えて緊迫した状況が続く東京を離れ、感染対策を講じながら、遠方に住む家族や知人に会いに旅立つ人々の姿が見られた。
 東京駅では家族連れらがスーツケースを手に、高速バスや新幹線に乗り込んでいった。3歳の孫娘に会うため千葉県館山市に向かう東京都江戸川区の女性(70)は「ワクチンは2回打ちました。会うのはコロナが広がってから初めて。密を避けて海で遊ばせたい」。
 羽田空港は朝から家族連れや若者でにぎわった。
https://nordot.app/790758856501592064?c=39546741839462401

五輪あす開幕 感染歯止めかからず 急激な悪化懸念 (22日)NHK

東京オリンピックは、開催都市の東京都で、新型コロナウイルスの感染の急拡大に歯止めがかからない状況で、23日開幕を迎えます。
専門家は、来月初めには7日間平均が今の倍近くになるおそれがあると指摘していて、感染の急激な悪化が懸念されるなかでの開催となることは避けられません。
都内では緊急事態宣言のもとでも感染の急拡大に歯止めがかからず、21日ことし1月以来、1800人を超え、7日間平均は1週間で1.5倍になりました。
また、入院患者は、ことし5月の第4波のピークを超え、都の専門家は、「新規陽性者が急速に増加すれば医療提供体制がひっ迫の危機に直面する」と強い警戒感を示しています。
さらに、7日間平均がこのままのペースで増加すれば、大会期間中の来月初めには今の倍になり、「危機的な状況になる」と指摘しています。
こうしたなか、東京オリンピックについて、小池知事は、21日、中止の選択肢がないとする認識を改めて示しました。
大会は23日、開幕を迎えますが、感染の急激な悪化が懸念されるなかでの開催となることは避けられません。
都としては、大会関係者で感染する人に加えて、相次ぐ熱中症の患者などにも対応できるよう医療提供体制を維持できるかが課題です。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20210722/1000067653.html

米カナダ西部の山火事の煙 NYを覆う(22日)産経

【ニューヨーク=平田雄介】米国やカナダの西部で発生した山火事の煙が20~21日、米中西部や北東部に広がった。約4千キロ離れた東部ニューヨークも霧に覆われたような状態になり、遠くの建物などが見えづらくなった。各地の保健当局は健康被害を及ぼす恐れがあるとして、喘息など呼吸器系の持病を持つ人に室内に止まるよう呼びかけた。
米国やカナダの西部では6月下旬に記録的な熱波に見舞われ、その後数週間で高温と乾燥が原因とみられる山火事が続発。米国内の発生カ所は13州80カ所以上とされ、米西部カリフォルニア州で10万ヘクタール以上、北隣のオレゴン州で15万ヘクタール以上がそれぞれ焼失した。
山火事の熱で大気が不安定化して雷雨が起こり、大量の煙を発生させている。
煙はカナダ・トロントや米国の中西部ミネソタ州や東部ペンシルベニア州にも到達。大気汚染を引き起こす微小な「PM2・5」などの粒子状物質(PM)の濃度が高まっている。山火事が起きやすい状況は9月ごろまで続くという。
https://www.sankei.com/article/20210722-PCUR6AFOQBMZTJJSWXSG27BY5E/

狙われる日本の技術 民生品が軍用ドローンへ(22日)産経

ドローンなどの部品に転用できる電子部品を国の許可を得ず中国企業に輸出しようとしたとして、電子機器製造会社が外為法違反の疑いで警視庁に摘発された。輸出されたモーターは民生品として幅広く製造・使用されてきたものだが、実際に中東で軍事転用されていた形跡も確認されている。中国が軍民融合戦略を提唱するなど、民生技術の軍事利用は各国で進んでおり、民生品の輸出管理の難しさが浮き彫りとなった形だ。

「法律に触れないのではと」

公安部が外為法違反(無許可輸出未遂)の疑いで書類送検したのは、東京都大田区の電子機器製造会社「利根川精工」と同社の社長(90)。昨年6月、無許可で「サーボモーター」150個(計495万円)を中国企業に輸出しようとしたとしている。
サーボモーターとは、受信した電気信号を機械的な動きに変換する電子部品。ラジコンカーや産業用ロボットのアーム部分、ドローン、医療機器、アミューズメント機器など幅広く使われている。
外為法では、輸出の際に、安全保障に関連した2つの規制がある。核兵器などの大量破壊兵器に転用が可能な資材の輸出の際に、経済産業省の許可が必要になる物や技術をリスト化した「リスト規制」。リスト規制に該当しなくても用途や需要者によって許可が必要となることを定めたものが「キャッチオール規制」だ。
サーボモーターはどちらの規制の対象にもなっていなかったが、経産省は昨年4月、キャッチオール規制の対象に追加。特定の国や企業に対して輸出する際に経産省の許可が必要となった。
産経新聞の取材に応じた社長は、中国への輸出にあたり経産省に連絡したが、「1カ月半たっても返事がなく中国企業から代金が送られ、中国の軍隊は輸入したものは使わないとメールで言われたため、法律に触れないのではと考えた」とした。
https://www.sankei.com/article/20210722-NNKCWEN5ZNK5TNJ4X5HYZPZMN4/

介護でアニメ中断「耐えきれず両親殺害」 次男供述(22日)朝日

福岡市西区の住宅で冷蔵庫内から夫婦の遺体が見つかった事件で、次男の無職松本淳二容疑者(59)=死体遺棄容疑で逮捕=が「アニメ観賞が親の介護で中断されるのが耐えきれず殺した」といった趣旨の供述をしていることが捜査関係者への取材でわかった。福岡県警は、介護ストレスを背景に何らかの方法で両親を殺害したとみている。
 県警によると、淳二容疑者は6月23日ごろ、自宅1階にあった冷蔵ケースの中に、父・博和さん(88)と母・満喜枝さん(87)の遺体を入れて遺棄した疑いがある。
 捜査関係者によると、淳二容疑者は6月21日夜ごろに2人を殺害したことを認め、博和さんからトイレに連れて行くようにと頼まれたことがきっかけだった、と供述。「親に介護を頼まれるたびに、見ていたアニメを中断するのが面倒だった。耐えきれなくなった」といった説明をしているという。
 満喜枝さんについては「(父親の殺害を)見られたから殺した。1人で残すのがかわいそうだった」という趣旨の話をしているという。
 淳二容疑者は両親との3人暮らしで、両親の年金で暮らしていた。満喜枝さんは車いすで生活し、博和さんは6月に自転車で転倒して一時入院。以来、淳二容疑者が食事などの世話をしていたという。(板倉大地、杉山あかり)
https://www.asahi.com/articles/ASP7P6VDMP7PTIPE01L.html

【独自】尾身氏が理事長の機構本部ガラス破損 スコップ突き刺さる(22日)TBS

東京にある政府分科会の尾身会長が理事長を務める医療法人の建物でガラスドアにスコップが突き刺さっているのが見つかり、警視庁は器物損壊などの疑いで捜査しています。
 きのう午前7時すぎ、東京・高輪にある「地域医療機能推進機構」で、入り口のドアにスコップが突き刺さってガラスが割られているのを施設の関係者が見つけました。この医療法人は政府の新型コロナ対策分科会の会長でもある尾身茂氏が理事長を務めています。
 捜査関係者によりますと、尾身会長にはこれまでにも脅迫のメールなどが届いていたということです。今回の現場には脅迫文などは残されていませんでしたが、警視庁は器物損壊などの疑いで捜査し、脅迫メールなどとの関連についても調べています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4320578.html

五輪パラ 競技結果不服申し立てなど日本の弁護士 各国選手支援(22日)NHK

東京オリンピック・パラリンピックの期間中、ドーピング検査や競技結果についての不服申し立てなどトラブルが起きた場合に、世界各国の選手を支援する活動が日本の弁護士によって行われます。
オリンピック・パラリンピックの期間中、スポーツ関連の法律に詳しく外国語が堪能な日本の弁護士の有志およそ60人は、無料で各国の選手の相談などの対応にあたります。
具体的には選手がドーピングの検査結果や競技の結果などについて不服申し立てをする場合、代理人としてスポーツ仲裁裁判所での手続きを行うということです。
国によっては顧問弁護士が選手団に同行しますが、中には経済的な理由などで弁護士を確保できないケースもあるということで、一般的な法律相談にも応じる予定です。
今回の大会では、新型コロナウイルスの感染防止対策として、選手の行動などについて厳格なルールが定められ、違反した場合は参加資格の剥奪の可能性もあるため、こうしたケースでの申し立ても想定しています。
活動に取り組む早川吉尚弁護士は、「すべての国の選手が安心して参加できる大会にするため、主催国の弁護士として法律の面で支援していきたい」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210722/k10013153141000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

五輪 開会式ライブ配信装うなど偽サイト相次いで確認 注意を(22日)NHK

東京オリンピックの開会式のインターネットでのライブ配信を行うと装い、クレジットカードの情報をだまし取ろうとするなど、大会に乗じた偽のサイトが相次いで確認されていて、情報セキュリティー会社などが注意を呼びかけています。
情報システムやセキュリティー事業を行う「NTTデータ」によりますと、21日までに東京オリンピックの開会式のインターネットでのライブ配信を行うと装う偽サイトが見つかりました。
このサイトでは、映像をみようとすると新しいアカウントの作成を求めてきて、メールアドレスやクレジットカードの情報を入力させられ、盗み取られるおそれがあります。
また同様のサイトは開会式のほか、すでに試合が始まっているソフトボールとサッカーの競技でも見つかりました。
またセキュリティー会社の「トレンドマイクロ」によりますと、競技のテレビの放送予定を紹介すると装う偽サイトも見つかっていて、こちらはアクセスすると別のサイトに誘導され、通知を許可すると、端末の画面に強制的に広告を表示させるということです。

専門家「サイトの中身などに不自然な点あればすぐに閉じて」

サイバーセキュリティーに詳しい「トレンドマイクロ」の岡本勝之さんは「東京オリンピックが開幕すると、『中継が簡単に見られる』とか『放送されないような選手のインタビューが見られる』といった口実で偽サイトなどに誘導しようとする手口が急増する可能性が高い。中でも『フィッシング』と呼ばれる手口で個人情報を入力させて盗み取ったり、パソコンをコンピューターウイルスに感染させたりする手口が最も危険性が高く、注意が必要だ」と指摘しています。
その上で「被害を防ぐには、まずウェブ検索の結果に偽サイトや不審なサイトが含まれるケースがあり得るということを知ってほしい。そして、オリンピックであれば組織委員会やメディアの公式サイトをあらかじめ確認しておき、サイトの中身やアドレスに不自然な点があればすぐに閉じるといった対策をとることが重要だ」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210722/k10013153151000.html

米大統領夫人、天皇陛下と面会へ 米政府が来日日程発表(22日)時事

【ワシントン時事】米ホワイトハウスは21日、東京五輪開会式に米政府を代表して出席するジル・バイデン大統領夫人が滞在中に天皇陛下と面会すると発表した。
 ジル夫人は22日、東京の米軍横田基地に到着。同日夜には迎賓館で菅義偉首相夫妻による歓迎の夕食会に出席し、23日に皇居で陛下と面会する。24日はソフトボールの米国戦観戦パーティーを主催するなど、各種競技の米代表選手を激励する。 
 ホワイトハウスは声明で「大統領と夫人は米代表選手と五輪競技に最大級の支援を示したいと考えている」と説明した。サキ大統領報道官は米代表団について「一般市民との交流を制限し、行動範囲を可能な限り小さくする」と語っている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021072200190&g=soc

失踪ウガンダ選手、帰国 日本残留希望も最後は納得(22日)共同

東京五輪ウガンダ選手団の一員として来日後、事前合宿先の大阪府泉佐野市内滞在中に失踪し三重県で保護された男子重量挙げのジュリアス・セチトレコ選手(20)が21日深夜、成田空港から帰国の途に就いた。
 選手出国前に記者会見した千代松大耕市長によると、市職員は東京都内の警察署で、保護された人物をセチトレコ選手と確認した。選手は21日朝の時点で、日本に残ることを望んでいた。その後、選手団代表との面会などを経て、帰国に納得したという。
成田空港の出発エリアのチェックインカウンターに現れたセチトレコ選手には、泉佐野市職員らが同行した。
https://nordot.app/790569274293125120?c=39546741839462401

【独自】東京都、都市ボランティア3万人放置 「新たな活動」連絡せず 五輪開幕に間に合うか「分からない」と準備局(22日)

東京五輪の無観客開催で、街頭での道案内など従来の役割がなくなった約3万人の都市ボランティアに対し、都が示すとしていた「新たな活動」について、大会開幕2日前になっても連絡が行われていないことが分かった。都オリンピック・パラリンピック準備局は「できるだけ早くお伝えしたい」としているものの、五輪の開幕に間に合うかは「分からない」と説明。ボランティアからは戸惑いの声が上がっている。(岡本太、原昌志)
続きを見る

https://www.tokyo-np.co.jp/article/118368

« 2021年7月21日 (水) | トップページ | 2021年7月23日 (金) »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ