警察庁は1日、東京都八王子市のスーパー「ナンペイ大和田店」で平成7年7月に女子高生ら3人が射殺された強盗殺人など4事件で、解決につながる情報の提供者に支払う公的懸賞金(捜査特別報奨金)の受付期間を1年間延長することを決めた。上限額はそれぞれ300万円。ナンペイ事件は7月30日からの延長で、14回目となる。
他の3件は、群馬県太田市のパチンコ店で8年7月、当時4歳の横山ゆかりちゃんが行方不明になった事件(1日から。延長10回目)▽大阪府熊取町で15年5月、当時小学4年の吉川友梨さんが行方不明になった事件(2日から。同14回目)▽新潟市で21年11月、タクシーの男性運転手が刺殺された強盗殺人事件(29日から。同10回目)。
ナンペイ事件とゆかりちゃんの事件は、民間団体の私的懸賞金300万円もある。
https://www.sankei.com/article/20210630-KCLP7UV4SZNBPKGNFBKUSMOFMY/