28日午前7時25分ごろ、東京都八王子市並木町のJR中央線の踏切で、高尾発東京行きの快速電車に男性がはねられ死亡した。警視庁高尾署が自殺とみて調べている。JR東日本によると、中央線快速は東京―高尾間で最大約1時間半にわたり運転を見合わせ、約2万7千人に影響した。
同社によると、上下合わせて12本が区間運休し、38本に遅れが生じた。高尾署によると、男性は30代とみられ、自ら線路に入ったという。
https://www.sankei.com/article/20210628-HH3Y7FEYYJMNJF7AW74DYBQM5U/