医師の資格がないのに企業の従業員の健康診断を請け負ったとして、大阪府警生活環境課は23日、医師法違反の疑いで、医療系専門学校の元講師、上横手千文容疑者(58)=神戸市垂水区=を逮捕した。
逮捕容疑は、昨年10~12月ごろ、大阪府内の事業所3カ所で、医師免許がないにもかかわらず、従業員らに問診を行うなど健康診断を実施したとしている。従業員に健康被害はないという。
上横手容疑者は事件当時、大阪市内にある医療福祉分野の専門学校で講師として勤務していたとみられる。経歴を偽り、複数の会社の健康診断を行っていたという。
府警に情報提供があり、発覚した。
https://www.sankei.com/article/20210623-5LXZIVDUMNLGBIO3BKZITBBIHE/