令和元年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反の罪に問われた元法相で前衆院議員の河井克行被告(58)の弁護人は18日、懲役3年、追徴金130万円とした東京地裁の判決を不服として控訴した。また、判決に伴い効力を失った克行被告の保釈も再請求した。
https://www.sankei.com/article/20210618-KNRIPCYNFVNDDADVCJY3ONZCGY/