高知地検中村支部(高知県四万十市)の男子トイレに火を付け、建物を焼損しようとしたとして現住建造物等放火未遂の罪に問われた無職岡田高重被告(97)の裁判員裁判で、高知地裁(吉井広幸裁判長)は29日、懲役5年(求刑懲役7年)の判決を言い渡した。
 最高裁によると、今年4月までの裁判員裁判で判決言い渡し時の被告の最高齢は95歳だった。岡田被告が最高齢とみられる。
 判決によると、昨年8月31日、中村支部の男子トイレの便器にガソリンなどが入ったプラスチック容器を入れてライターで火を付け、便座や壁などを焼いた。職員らがすぐに消火し、けが人はなかった。
https://nordot.app/782519608196349952?c=39546741839462401