東京五輪の聖火リレーが19日、宮城県で始まり、日本がボイコットした1980年モスクワ五輪のフェンシング代表、千田健一さん(64)が、気仙沼市の災害公営住宅をスタートした。
初日の出発式は、東日本大震災の被災者らが暮らす気仙沼市鹿折地区の災害公営住宅で開催。住民らがベランダなどから見守った。津波で当時32歳の娘を亡くした乃川功さん(70)は「やっとこうしたイベントを見る気持ちになれた。勇気づけられた」と目を潤ませた。
走り終えた千田さんは「気仙沼のパワーを選手たちに届けられた」と笑顔だった。
妹が津波の犠牲になったフリーアナウンサーの生島ヒロシさん(70)も走った。午後は、沿岸部の南三陸町、石巻市を南下し、女川町でゴール。震災の遺族や、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」らが聖火をつなぐ。
https://www.sankei.com/article/20210619-V3O2X3MP55LSVN2E364GRUTWG4/