北海道警札幌・北署は27日、自宅に妻の遺体を放置したとして、死体遺棄の疑いで、札幌市北区北30条西の無職、北之正道容疑者(78)を逮捕した。
逮捕容疑は、15日ごろから、妻の義江さん(80)が亡くなったのを知りながら放置したとしている。
同署によると、自宅近くで酒に酔っていた北之容疑者を署員が自宅に送り届けたところ、布団で遺体を発見した。2人暮らしとみられる。
https://www.sankei.com/article/20210627-BKKPRWRPLBNJRIZ2ZLEI2WZBXU/