大阪市北区天神橋のビル5階のカラオケパブ「ごまちゃん」店内で、オーナーの稲田真優子(まゆこ)さん(25)=同区=が殺害された事件で、稲田さんの父親(70)が取材に応じ、「容疑者が逮捕されたが、心は晴れない。憎しみしかない」と心境を吐露した。事件は21日で発覚から1週間。店の常連客だった宮本浩志(ひろし)容疑者(56)=殺人容疑で逮捕=は容疑を否認しているとされ、詳しい動機などは明らかになっていない。
「親思いのええ子やった。3カ月に1回くらいは一緒にご飯を食べに行き、気にかけてくれていたのに…」。25歳の若さで命を奪われた娘について、父親はこう言葉を絞り出した。
知人らによると、稲田さんは兵庫県尼崎市出身。高校時代からアルバイトを掛け持ちし、周囲に「自分の店を持ちたい」「家計を助けたい」と話していた。SNSでは、両親とご飯を食べた様子を写真付きで紹介し、「父母元気、最高!」と投稿していた。
今年1月には念願だった自分の店をオープンし、新型コロナウイルス下で懸命に切り盛りしていた。父親の元に異変が知らされたのは事件発覚前日の今月13日。常連客の男性から「(稲田さんが)仕事を休んでいて連絡が取れない」と聞いた。無事を願ったが、翌日に遺体が発見された。
遺体で対面した娘は顔も分からないような状態だった。「人間のすることではない。ただただ腹立たしいし悲しいし、それ以上に今の気持ちに当てはまる言葉がない」。18日に容疑者が逮捕されたが「ほっとするが、心は完全に晴れない。憎しみしかない」と憤った。
続きを読む
https://www.sankei.com/article/20210620-75677HHKYFLTVJEMMIZ5BGALO4/