岡山県倉敷市の特定抗争指定暴力団神戸山口組熊本組の男性組長(75)宅に向け、拳銃のようなもので発砲したとして、岡山県警は20日、殺人未遂などの疑いで、対立する特定抗争指定暴力団山口組杉本組の幹部、河島秀之容疑者(58)=同県津山市=を再逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。
再逮捕容疑は5月30日午後6時ごろ、同県倉敷市の男性組長宅の敷地に侵入し、弾丸数発を発射し、玄関ドアや壁を損壊させたとしている。組長は在宅だったが、けがはなかったという。
河島容疑者は県警倉敷署に出頭。発砲事件への関与をほのめかしたため、県警は銃弾1発を所持したとして、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕していた。
https://www.sankei.com/article/20210620-XNIBIGR3TBI5NNDMRQMKSDXMCA/