秋田県警鹿角署は29日、酒を飲んで軽乗用車を運転したとして、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、鹿角広域行政組合消防署長の折戸一容疑者(55)=同県鹿角市八幡平玉内=を逮捕した。
逮捕容疑は28日午後5時45分ごろ、鹿角市の道路で、酒気を帯びた状態で車を運転したとしている。
署によると、折戸容疑者の車が、別の乗用車と接触。呼気検査で、基準値を超えるアルコールが検出された。
https://www.sankei.com/article/20210629-VHZ775CHFNJOZAXTV3XAMYMD3M/