3度目の新型コロナウイルス緊急事態宣言が解除された東京は26日、最初の週末を迎えた。営業時間短縮など制限はいまだ残るものの、梅雨の晴れ間に買い物やレジャーを楽しむ姿が見られた。
 東京都中央区の銀座三越。シンボルのライオン像はマスクを着けたままだが、多くの人が往来していた。埼玉県所沢市の不動産業の女性(55)は「友人3人でランチ。都のルールでお酒は控えるけど、活気が戻りつつあってうれしい」と笑顔を見せた。
 東京・浅草(台東区)では仲見世通りの土産物店「平尾商店」の平尾彰敏店主(56)が「東京五輪は有観客でも寄り道できない。元通りまでは遠い」と嘆息した。
https://nordot.app/781433772517343232?c=39546741839462401