大阪府警は、関西空港連絡橋の南西の海上で9日夕、成人女性と女児が浮いているのを発見、死亡が確認されたと明らかにした。捜査関係者によると母子とみられ、橋から飛び降りた無理心中の可能性がある。9日午後には和歌山市内の住宅で10代とみられる女性が心肺停止状態で見つかり、その後死亡が確認された。和歌山県警が関連を調べている。
府警によると、9日午後4時ごろ、連絡橋から「人が落ちたようだ」と、車で通り掛かった男性が府警に通報。府警が捜索し、海に浮いている2人を見つけた。橋には赤い乗用車がエンジンがかかったまま無人の状態で止められていた。
和歌山県警などによると、10代とみられる女性が心肺停止状態で見つかったのは、和歌山市加納の集合住宅の一室。9日午後に見つかった。腹部に打撲痕があり、大阪で死亡した2人と関連がある可能性があるという。
https://www.sankei.com/article/20210610-NDQCLMHRPNJNZHOUUXDMYQL5OI/