気象庁は14日、関東甲信で同日、梅雨入りしたとみられると発表した。平年より7日、昨年より3日、いずれも遅い。
気象庁によると、関東甲信は14日、気圧の谷や湿った空気が入り、大気の状態が不安定になり、雨が降っている。今後1週間ほど、曇りや雨の日が多くなるとみられる。
気象庁によると、梅雨の時期にあたる6~7月の降水量は、おおむね平年並みになると予報されている。
既に梅雨入りしたとみられる地域は、沖縄から東海までで、北陸や東北南部と北部は梅雨入りが発表されていない。
https://www.sankei.com/article/20210614-XSKIKBJMEFPDHFYFDVDJSWOOUI/