大阪市北区天神橋のビル5階のカラオケパブ「ごまちゃん」店内で、オーナーの稲田真優子(まゆこ)さん(25)=同区=が殺害された事件で、大阪府警は18日、殺人容疑で、店の常連客だった兵庫県西宮市に住む男(56)の事情聴取を始めた。捜査関係者への取材で分かった。稲田さんは事件前、この男にしつこくつきまとわれているなどと周囲に漏らしており、府警は男を逮捕し、詳しい動機などを調べる。
府警や捜査関係者などによると、稲田さんは14日午前10時半前、パブ店内で倒れているのが見つかり、間もなく死亡が確認された。首や胸に切り傷や刺し傷があり、司法解剖の結果、死因は失血死で、死亡推定時刻は11日午後だった。
現場ビル1階にある防犯カメラには、11日午後5時ごろに出勤する稲田さんの姿が写っていたほか、ほかの女性従業員や男とみられる人物がビルに入る様子も記録されていた。
稲田さんは複数の知人らに「常連客で連絡がしつこい人がいる」「何十件もLINE(ライン)でメッセージを送ってきて困る」などと漏らしており、府警は男が店で稲田さんを殺害した疑いがあるとみている。
店は12日と13日も本来は営業日だったが、施錠されたままだった。府警は11日の営業後に稲田さんが殺害され、14日に発見されるまで店内に放置されていた疑いがあるとみている。
稲田さんには、鋭利な刃物による傷が上半身に十数カ所あった。首を複数回刺され、胸の傷が肺を貫通するなどしており、稲田さんは強い殺意を持って襲われたとみられる。
https://www.sankei.com/article/20210618-QI4LEDF5T5NIBEULQG2I57CTRE/