カテゴリー

« 事務局長ら再逮捕 リコール署名偽造事件―愛知県警(8日)時事 | トップページ | 「女子高生の制服触りたい」 窃盗容疑で43歳男を逮捕(8日)産経 »

2021年6月 8日 (火)

秘策は「映像監視システム」、五輪会場にカメラ8000台(8日)TBS

 国際的な注目が集まるオリンピックは、過去様々なテロのターゲットになってきました。開幕まで45日となった東京大会はテロの脅威から守れるのか。警備の秘策は「最新の映像システム」でした。
 東京・江東区の施設で行われた、警備訓練。東京オリンピックの会場に不審者が侵入したとの想定で行われました。ここで重要な役割を果たすのが、最新の“映像監視システム”です。会場周辺に張り巡らされた赤外線センサーが異変を感知すると・・・
 警備指揮所でアラームが鳴り、同時に異変が起きた現場の映像が届きます。360度回転可能な最新の「旋回カメラ」が、対象物を捉えるのです。異変が起きた現場の映像が抽出され、瞬時にモニターに映し出されることで、素早い対応が可能となります。
 「センサーとカメラが連動することで、場所の特定もスムーズ。いち早く現着することができる。こうした科学技術を使ったセキュリティは過去にも例がない」(大会組織委員会 岩下剛警備局長)
 過去様々なテロ攻撃を受けたオリンピック。多くの大会では「オリンピック・パーク」と呼ばれる選手村や競技施設が集約するエリアが作られていましたが、東京大会は競技会場が広い範囲に分散していて、警備上の最大の課題となっています。
 「すべてのフェンスにセンサーを紐付けたカメラ設置。侵入はシャットアウトできる。外周も人による警備を施していた大会もあるが、それがほとんどいらない」(大会組織委員会 岩下剛警備局長)
 東京大会の会場に設置される赤外線センサーはおよそ2500個。監視カメラはおよそ8000台。
 「250メートル離れていても、これだけはっきり見えるんです」(記者)
 カメラはハイビジョン化が進み、数百メートル離れた人の顔もはっきりと認識できます。さらに、一部の警備員には映像を警備指揮所に中継できる「ウェアラブルカメラ」を装着させる予定です。
 「中央(警備指揮所)で判断できる。均一な対応が43競技会場すべてにおいて提供できる」(大会組織委員会 岩下剛警備局長)
 最新の監視カメラシステムで守られる東京大会。オリンピックまで、残り45日です。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4287210.html

« 事務局長ら再逮捕 リコール署名偽造事件―愛知県警(8日)時事 | トップページ | 「女子高生の制服触りたい」 窃盗容疑で43歳男を逮捕(8日)産経 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 事務局長ら再逮捕 リコール署名偽造事件―愛知県警(8日)時事 | トップページ | 「女子高生の制服触りたい」 窃盗容疑で43歳男を逮捕(8日)産経 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ