カテゴリー

« 性別や預貯金額も関係? ワクチン接種の意欲調査―経産研究所(6日)時事 | トップページ | 群馬・太田市 82歳男性、踏み間違いでドラッグストアに突っ込む(6日)TBS »

2021年6月 6日 (日)

子どもの歯磨き中の事故相次ぐ 消費者庁が注意呼びかけ(6日)NHK

子どもが歯磨き中に転ぶなどして、歯ブラシの先がのどや口の中に刺さってけがをする事故が相次いでいます。消費者庁は「歯磨き中は、保護者がそばで見守るようにしてほしい」と、注意を呼びかけています。
消費者庁によりますと、全国の医療機関から報告された6歳以下の子どもの事故で、歯ブラシが関係しているものは、ことし3月までの5年間に120件に上り、入院や通院が必要となったケースが全体のおよそ3分の2を占めています。
実際にあった事故では、歯磨き中に転倒したケースが目立っているほか、きょうだいが後ろから覆いかぶさったことで歯ブラシがのどに刺さり11日間入院したケースや、幼稚園で歯ブラシの柄をくわえて遊んでいた際に口の中に刺さったケースなども起きているということです。
消費者庁は、歯磨きをする際は、転倒のおそれがあるソファーやいすなどは避けて床に座らせて行うことや、周囲の子どもも含めて予想外の行動をするため保護者がそばで見守ることなどを呼びかけています。
また、先端が柔らかく曲がって衝撃を吸収するものや、のどの奥まで入りにくいものなど、事故防止の設計がされた製品を活用することも重要だとしています。 消費者庁消費者安全課の鮎澤良史課長は「今月4日から10日までは『歯と口の健康週間』となっており、歯磨きの習慣づけと併せて歯ブラシによる事故にも気を付けてほしい」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210606/k10013069921000.html

« 性別や預貯金額も関係? ワクチン接種の意欲調査―経産研究所(6日)時事 | トップページ | 群馬・太田市 82歳男性、踏み間違いでドラッグストアに突っ込む(6日)TBS »

マスコミ関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 性別や預貯金額も関係? ワクチン接種の意欲調査―経産研究所(6日)時事 | トップページ | 群馬・太田市 82歳男性、踏み間違いでドラッグストアに突っ込む(6日)TBS »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ