福島県三春町で昨年5月、刑務所に入ろうと考え、面識のない男女2人をトラックではねて殺害したとして、殺人や道交法違反(ひき逃げ)などの罪に問われた住所不定、無職の盛藤吉高被告(51)の弁護人は25日、死刑とした福島地裁郡山支部判決を不服として控訴した。弁護側は強固な殺意を否定し、無期懲役が相当と主張していた。
24日の判決によると、被告は刑務所を出所して2日後の昨年5月31日朝、トラックを盗み無免許で運転。三春町の国道脇で清掃ボランティアをしていた同町の橋本茂さん=当時(55)=と三瓶美保さん=同(52)=を時速60~70キロではねて殺害するなどした。
https://www.sankei.com/article/20210625-2ONEHZGENJLWXNLXV275PF2QMA/